2012年08月08日(水) | RSSフィード

バッグの手入れの良い方法

バッグの手入れの良い方法
 

日常生活の中で、摩擦、押し出し、汗、高温、日焼け、雨などはすべてバッグが壊されやすい外部の原因です。バッグは使用の過程で適切な看護を得られなければ、色がさめ、割れ、亀裂、酸化などの現象が現れて、使用寿命が大く短縮しまいます。そこに、BUYMA優の品スーパーコピーブランド商品専門店は皆さんのために最も全面的なブランドバッグの手入れの良い方法を差し上げます。

 

日常の看護を重視、バックをいつもあたらしくなせ
バックの手入れの最も重要なポイントは「大切にする」です。皮革の自身の天然の油脂は時間を経って、あるいは回数を使ってすぎてからだんだん減らします。ですから、たとえとても高級な皮件でも定期的に保養をしなければなりません。保養は面倒ですが、高価な専門の修理と比較してはもっと簡単です。まして再び専門の修理の手段でもバックを原状に100%修復することができません。もし本当にあなたのバッグが好きならば、大切にしてください。

 

高温と日焼けを避け
長い時間あるいは強烈な日焼けてはバックを裂けて色褪せてしまいます。バックが使う過程で、日焼けは最も免れにくいですが、バックを保管する時に、あなたは完全に日陰で涼しくて乾燥している場所を選ぶことができます。

 

押し出しと鋭い物をタッチことを避け
本革で製造のバックの手触りが柔軟できめ細かいですが、もし負荷があまりに重くなって、あるいは強烈な押し出しを受けば、しわになるか変形してひびが入ることを招いて、生地の上で回復しにくい痕跡を残して、初めの完璧な形を失います。もし押し出しの時間は長すぎるなら、再度使う時恐らくひびが入る情況が現れます。鋭い物品は更にバッグのキラーで、いったん当たったら、絶対完全に修復できない破損をもたらします。

 

受け入れ作業をしっかりし
革製品を受け入れる時、まず塵を取り除いて整理して、綿素材の防塵の袋でバッグを居住して、バッグの内にできるだけあっさりしている色の生地に入って、バッグの形を維持します(紙の詰め物は長期に使ってはいけなく、湿って虫害を引き起こすことを防止すます)。多くの消費者は革製品の中で虫を防ぐナフタリンを置くことが好きです。このようにして虫に食われる現象も現れないと聞きましたが。実はこれも革製品の手入れの誤りです。ナフタリンの中で揮発の成分を持つので、長い間で使うと皮革が損にならせます。ふだん革製品を受け入れ時、戸棚が風を通すのが良好、温度わりに低ければ良いです。それにバックをゴムバッグの内に入れないように、時間を経てると水ぶくれのような痕跡を出してしまい、異なる色のバックも一緒にきつく貼って置かないでください。受け入れは別に埋葬ではなくて、季ごとに一回バッグを出してすこし空気を通させことが提案しています。

 

よくバッグの乾燥を維持
一般のバッグはすべていかなる防水の処理の順序をしなくて、いったん水をつけたら、柔軟で乾いている布でバックの上の水分を吸い込んでいって、日陰で涼しい場所に置いて、バックに自然と陰干しにさせて、くれぐれも湿ったバックを直接太陽の下で長時間におりてあるいは風筒で吹かないでください。エアコンのそばにも置かないでください。さもなくば皮がはじける現象が現れます。バッグを洗い時に水を使うことと強烈な化学溶剤を接触することをぜひ避けてください。夏に、人は出汗やすくて、腐蝕性の汗は皮革を浸食できるから、皮革が長い間汗に浸食されるならば硬化、変形の現象も現れて、同時に金属の部品を酸化させます。ですから、革製品を使い終わってから汗を拭いてみれば、革製品の保養に利益があります。化粧水のような物品を携帯しなければならないなら、できるだけコスメバッグへ入れてバックの中で放置する方がよいです。

 

合理的に手入れ膏を使ってバッグを拭き
手入れ膏は皮に光沢でつやつやと維持できますが、液体の皮の油を使うことを免れます。バックに手入れ膏を塗る時に膏を直接表面の上で塗ることを免れて、絨毛あるいは柔らかい毛の上で塗ってから表面を拭きべきです。靴墨は揮発やすい成分を持ってから、靴墨を使ってバッグを手入れできませんでした。もし靴墨の中の揮発やすい成分は柔らかい皮の製品の内部にしみ込むならば、皮革自身の油脂を破壊して、皮革の光沢度を下がらせて、そして割れ目、色が落ちるなどの現象が現れます。ですから、色係同じな靴墨を持ってバッグを手入れできるのではありません。

 

慎重に使う洗剤
革製品は時間を経って埃と汚れが現れ避けられないです。バッグはただ普通な汚損があって、特別なしつこい汚れまでいじっていなければ、できるだけ洗剤を使わないであるいは少なく洗剤を使わないでください。日常の清潔があまりに頻繁過ぎるのも、皮革を損にならせます。普通は毎月1-2回の手入れを維持するのが良いです。しつこい汚れについて、専用の皮革の洗剤でしつこい汚れを処分しなければなりません。

専門の手入れは更に確実
専門のバッグの手入れは高価ですが、最も確実な保護の道です。もしバッグは比較的に深刻な損傷が現れるならば、専門のバッグの手入れ補修機関はきっとあなたの最優秀な選択です。

 

 

バッグの材質によって、異なる手入れの方法を選び

 PU、PVCバッグ

PU、PVCはその他の材質と比べると、価格がもっと安いですが、丈夫な程度は低くなります。拭く時、いかなる化学の物質を使ってはならなくて、化学変化に発生して外観に影響することを免れます。できるだけ清水あるいは特定の清潔の油を使ってしつこい汚れの部分を拭くことを提案しています。バッグしばらく使いませんならば、防塵する袋で収めて置いてください。乾燥の場所に置いて、押し出さないでください。

 

 生地のバッグ

生地のバッグは本革のバッグのようでそんなに弱くありませんが、注意に保養しなければならないのです。生地のバッグは普通は綿、麻、絹織物、丹寧布、赤黄色のサラサとズックで材料にして、裏は普通ナイロンと綿素材で作ります。通常、生地のバッグはすべてドライ・クリーニングと水洗いできます。ボーダーがわりに多く、色が比較的に明るく美しい生地のバッグは必ずドライ・クリーニングを必要で、さもなくば色褪せます。普通な生地は小さく軽いブラシで塵を刷けばいいで、一部の材料は適切に少しアイロンをかけることができて、その形が美しいことを維持します。綿のズックバッグは洗うと褪色やすいです。洗い必要があるならば、漂白を含んであるいは蛍光の洗浄用品を使わないでください。図案があるズックバッグを洗う時注意しないならば色を刺し連ねやすくて、甚だしきに至っては図案をこすって落ちます。生地のバッグは生地ですが、高級なアパレルと同じに、直接水で洗うべきでなくて、繊維が編むため、汚水あるいはほこりであろうと、付け加えやすいです。ナイロンのバッグが小さくて強靱で、特殊な処理を経て防水機能があって、一般な洗うことができて、丈夫さが高くて長期に使うことに適します。

 

 皮革バッグ

この種類のバッグは主に牛革、ヒツジの皮、ブタ革、セーム革などでつくりました。皮革の自身の天然の油脂は時間が経ってあるいは使い回数が多くなることに従ってだんだん減らしますから、高級な皮革だとしても定期的に保養をしなければなりません。しかし皮革がほとんど異なるから、手入れの方法も違う所があります。

a、 牛革、ヒツジの皮:
皮革は吸収が強いで、特に防汚に注意すべきです。普通な皮の種類のバッグはよく手入れの油で保養しなければなりませんが、直接に油を皮革の上で塗れば傷つけますので、専用の手入れの膏を使用して綿フランネルの上で塗って、皮の表面のあかを取り除いてから柔らかい布で平均的にバッグの表面で拭きます。皮革の上に汚れがあるならば、きれいなぬれるスポンジで暖性の洗剤をつけて拭いて、それからそのままに乾くようになれます。油脂をつけるならば、乾布できれいに拭いて、余剰のはそのまま置いて自然に消えてくれて水をつけて拭くことはいけません。皮革は黒い点を発生すならば、同じ色の皮とアルコールをつけて軽くて拭くことをやってみてもいいです。

b、エナメル皮
漆面の皮革自身の光沢度は十分にその上ほこりを吸着しにくいので、普通は柔らかい生地で拭くさえすれば良いです。あかは深刻ならば、消しゴムに似ているゴムで拭けます。エナメル皮のバッグがひび割れに発生しやすいので、使う時必ず注意しなければなりません。ふだんは柔らかい布で拭くさえすれば良いです。 バッグはひび割れが現れるならば、布で専用の油脂を少しつけてから軽く拭きます。収納時で、エナメル皮のバッグをゴム袋の内に入れないように、癒着しないようにします。

c、スエード(セーム革)
セーム革は特殊な処理を経る材質で、表面も普通な皮がないの珍しい筋模様が現れますから、灰色と汚れをつけて安くて、更に水をつけて湿るとかびが生えることを恐れます。実は、新しく買ってくるセーム革のバッグは事前に専用の防水剤でバッグを噴き出して全面的に処理をすれば、ほぼセーム革を保護して汚れあるいは水の影響を受けることを免れて同時に皮質の自身のなめらかな触感を維持できます。平日、毎回使った後に、専用のブラシで表面で軽く拭くと、筋模様に順調なせて、さらに皮革の表面の感染したほこりとあかを取り除きます。万一汗のしみあるいは汚いものに感染するなら、専用のセーム革の洗剤で拭きます。セーム革の原本の明るく美しい色と光沢を回復したいならば、専用の明るい色の噴霧でバッグの表面に噴き出すようにできます。乾燥している後にブラシで整理すれば良いです。

d、稀有の高価な皮革の材質
ワニの皮、ダチョウの皮、ニシキヘビの皮、馬の毛皮などは稀有で貴重ですから、質感が見たところ更に良くて、日常の保養の中でももっと複雑で困ります。使う時の慎重さはそれの最優秀加護です。稀有な皮革の表面が独特な筋模様が現れるため、垢をかくしやすい以外、手入れの製品の選択に対してもいっそうけちをつけます。ですから、kopi-jpはやはり稀有な皮革のバッグを専門の機関に送って手入れをさせるように提案しています。

 

 金属

普通なバッグは全て金属の部品があって、例えばファスナー、金属の輪、クレバークラスプ、ボタン、鍵、装飾物などの部品は日常の保養の中で人々に見落としやすいです。部品を製造しる金、銀、銅、鋼、合金などの各種の金属がすべて異なる性質がありますが、水、空気、化学の物質はそれらに加速して変質させます。ですから使用の後で迅速に金属の表面の付着する水分を吸い込んで、さわやかな環境で保存して、腐蝕性を含んで化学物と接触することを免れます。バッグの専用の手入れの油脂は金属の部品の上で保護層を形成できて、一定の隔離効果がありますが、その付着性がわりに劣るので、定期的に保養しなければならないのです。
 

 複合材料

近年の新作のブランドバッグの中で、私達はいつも異なる材質のつなぎ合わせてなるデザインを見えます。このような流行して斬新なバッグも迅速に消費者の愛顧を獲得しました。しかしまさに前文が述べたようで、異なる材質は異なる処理方法を使わなければならないです。だから複合材料の切り替えのバッグのすべての部分は分けて処理しなければならないです。気の向くままに処置をしないようにしてください。

 

 

バッグのよくある問題の処理方法
1、油垢の処理:
1)製品はお手入の時洗剤で直接油あか所を拭くことができます。もし黒、赤などの深いカラーの生地でなければ、洗剤で軽く拭けます。
2)純白の生地は比較的に薄めるブリーチ(1:10が希釈する)で直接に歯ブラシを使って油あか所を刷くことができて、すぐ割ることができます。
2、スープの垢の処理:
洗剤で10分に浸してから、(水の中に6滴洗剤を加えて、平均に攪拌する)常規の処理を行います。
3、しょう油の処理:
方法1:前先蓚酸できれいに洗って希釈する後歯ブラシで汚染所を拭いてから、常規の処理を行きます。
方法2:新しい垢は冷たい水で揉み洗いしてから、洗剤で洗って割ります;旧垢は洗剤の溶液の中で適量のアンモニアに加えて洗うことができて、2%ホウ砂の溶液で洗うことができます。糸、毛織物は10%クエン酸で洗うことができます。
4、かびが生える現象の処理:
40度のあたたかい石鹸液で10分に浸してから、常規の処理を行います。純白の生地の製品について石鹸液で浸する後で、かびが生える場所を太陽の下で10分陰干する後で、常規の処理を行います。
5、ミルクの垢の処理:
方法1:汚れ場所で平均的に洗剤を塗りつけて、10-20分後で常規の処理をして、効果:ミルクの垢の処理した後はもう明らかでないですが、生地は白くなる現象が現れます。
方法2:タオルで水にぬれて拭いてます。乳あるいは牛乳を含んで時、少量の洗剤で拭きます。もし残す時間が長くなったら、酢で拭きます。
6.優良品質のバックの表面はどうしてもかすかな傷跡がありますが、手部の体温と油脂を利用してかすかな傷跡を淡泊化にさせます。
7.バックをうっかりしわの跡に発生する時、詰め物を詰め込んで、放置した後の一定の時間に跡が消えます。
8.例えばいかなる穴、ぼろが損な現象を発見すれば、勝手に修繕しないでください。直接専門のサービス員を連絡して下さい。
9.ファスナーは滞り:ろうそくでファスナーの上で塗って、改善の効果ができます。 
10. 脱硝:少し脱硝があれば、色を合わせる膏で補色してあるいは白いニュース油で脱硝の部分を軽く拭いて、しつこい汚れを一掃します。

 

バッグは実用的で、またあなたのファッションな品位を体現している最優秀な伴侶です。http://www.buyma365.com のバッグの手入れのよい方法はあなたのバッグに最優秀な状態を維持できて、常にあなたを伴って欲しいです。


by Administrator





ニュース 2012年02月09日(木)


すべてのニュースを見る




Recent News




News archive